名古屋から、いざ結婚相談所へ
ホーム >

みなさん、実際にどうですか?

“結婚相談所”のイメージって・・・?

わたしの持っているイメージは、ぶっちゃけ、“結婚できない人たちが集まるところ”でした。でも、今は、かなり変わりました。
けっこう、良い出会いの場所だったりするんですねー。
と、言いながらも、結婚相談所に登録するまでの気にはなってないのですが。
あまり身近に登録しているっていう人って、聞いたことがないし、あまり言わないものなのかな?
わたし、登録したよ、とか、登録しているよ、っていう人がいたら、いろいろ教えて欲しいくらいです。

そんなことを考えるようになったきっかけは、大の仲良しの先輩が、結婚相談所のパーティに行って、彼氏が出来たこと。
わたしと先輩、吉本が大好きで、いつか一緒に大阪に嫁に行こう、と、半分冗談のような、半分本気のような約束をしていたのですが、なんと先輩、名古屋の結婚相談所にいつの間にか通っていたらしく、その名古屋で彼氏が出来てしまったのです。

裏切り者〜、と叫びたい気持ちを押さえ、状況を知りたくて、先輩の言葉に耳を傾けまくりの浅ましいわたし。

仲良しと思っていたのはわたしだけだったのか?と言いたくなる気持ちも押さえつつ・・・。先輩曰く、そんなところにまで通って、と思われるのが恥ずかしかった、というのです。
よくよく話しを聞くと、結婚相談所といっても、特別、登録したり、まではしていなかったそうです。先輩が利用していたのは、その相談所が開催する出会いのためのパーティに、別の友達から付き添いを頼まれ、何度か参加していたのだとか。
むかぁし流行ったという、ネルトン?パーティみたいなもの?
聞きたいことは盛りだくさん。
最近の結婚相談所って、案外、気軽なものだったりするんですよね。 先輩の話しによると、(結婚相談所の人の話しなので、どこまでが数字として真実かはわからないのですが)実際に結婚している人で、離婚率が高いのが、意外に恋愛結婚だったりするそうです。そのデータが、いつの頃に取られたものかは不明なのですが、結婚したい、と思った男女が、自分なりの条件のもとに探してもらい、実際に合うことでフィーリングも確認した上で結婚が成立するお見合いという方法は、一番夫婦として確立しやすく、長続きしているのだとか?

確かに、恋愛という勢いでゴールインしてしまうのではなく、相手と自分の条件を吟味し、さらに実際に結婚を前提として会うことで、じっくり相手との距離を縮めて行くのですから、その状況をクリアした相手とならば、よっぽど相手がネコをかぶっていない限りは、そうそう崩れるものでもないのかもしれないですよね。

恋愛モードが最高潮の時って、いろんなことが見えなくなっているだろうし、見る視点が最初から違っているから、気持ちが変わってくるのと同時に、見え方も変わって、見ようとしていなかった相手の嫌なところが、とたんに目に入ってくるのかもしれません。

過去の記事一覧

将来こうなりたい


Its future is considered.
今日の一言日記

ちょっとした事でくよくよしてしまう私。
毎日笑って嫌な事も吹き飛ばせるくらい 大雑把な性格になれるように来年は頑張ろう! きっと楽しい毎日が待っているに違いない。

来年の抱負について

このページの先頭へ
気になる事

さくらんぼにも種類があるみたいで世界中の種類も合わせると約92個もあるそうですよ!!そんなにあるとは知らなかったです。それに『高砂』と呼ばれる物はアメリカで誕生した物みたいであちらではロックポートビガローと呼ばれているそうです。さくらんぼといえば『佐藤錦』ですよね。収穫時期は満開時から40日から50日で、地域によって多少ずれはあるみたいですが、6月中旬から下旬が美味しいと言われているみたいです。雨で実割れが起きてしまうから雨除けが必要みたいです。だから さくらんぼ狩りは雨でも楽しめるんですね。今までテントの中で育てられているのは天候に左右されずに収穫できるからだとばかり思っていました。本当はそんな事が理由ではなかったんですね。調べてみるとまだまだ知らない事が沢山あって面白いですね。どの品種かってのが分かれば買うときにこれ甘いかな??とかって考えなくても済むかもしれないですね。小さい頃に親戚に頂いたさくらんぼを食べた時にあまりの酸っぱさに驚いてしまった事があります。当時は収穫時期が早すぎたのでは?と思っていたのですが、糖度が少ない物もあるという事を知ってから、あれは直接口に入れる物ではなかったのだと反省しています。果物は甘いという概念は持たないほうが良いと大人になってますます感じる今日この頃でした。
Copyright(C)